About

Greetings

 組合員の皆様、特約店の皆様には、日頃より当組合の運営にご理解とご協力をいただき、誠にありがとうございます。

 

 2021年(令和3年)4月より浜垣真也前理事長より引き継いで、当組合の理事長を勤めさせていただくことになりました。これまでの理事長以下当組合に携わってこられた諸先達の努力を思い、責任の重さを実感しておりますが、私も全身全霊を当組合のさらなる発展のために尽し、組合員、特約店の皆々様の協力を得て、この重責を果たす所存です。どうかよろしくお願い申し上げます。

 

 さて、当組合は、協同組合法に基づき全国で8番目の弁護士協同組合として、1979年(昭和54年)に設立されて以来、諸先輩の先生方や組合員、特約店の皆様のたゆまぬ努力とご尽力により安定した成長を続けてまいりました。2019年1月には、創立40周年記念を祝し、祝賀会を開催して、全国から関係者に来ていただきました。
当組合は、設立当初から事業の中心として地裁の謄写事業に注力してまいりましたが、その後、家裁での謄写事業のみならず、郵便切手や印紙の販売も手掛けるようになり、さらには、弁護士の日常業務のほか、保険斡旋や共同購入などの事業に携わり、いわゆる「ゆりかごから墓場まで」といえるほど組合員の皆様の生活全般に関わる分野にまで、特約店の業種が増大してきております。特約店は170店を超えるまでになり、全国でも特筆すべき数の多さを誇っています。

 さらに近年は、若手弁護士への支援策の一環として、法律事務所提供事業や初年度研修への弁護士会への援助なども始めております。また、地元企業と連携して清酒「憲法と人権」、弁護士カバン、弁護士豆腐「奴さんは白だな」や京扇子といった特産品を日本全国に販売する事業を展開するなど、その事業範囲の拡大を図っております。

 組合員の皆様への利益還元といたしましては、弁護士日誌、訴訟日誌の無料配布や、六法の廉価販売、定期健康診断の実施、弁護士会の運動会、ボウリング大会・春を祝う会等の共催、憲法と人権を考える集いの後援を行うとともに、各種斡旋事業、情報提供事業、研修事業、労働保険事務組合の運営等々で、積極的かつ多様な事業展開を図っております。残念ながら、昨年度はコロナ禍のため、上記の恒例事業のうち、実施を断念した一部の事業があり、今年も実施が危ぶまれる事業もありますが、引き続き、組合員の皆様の利便を図っていく所存です。

 当組合といたしましては、今後も特約店を幅広く増加させ、その特約店の皆様との良好な関係を維持するとともに、業績改善のための努力を継続し、組合員の皆様への利益還元をしっかりと実現してゆきたいと考えております。

 これらの組合事業や特約店の利用に当たって、組合員の利便性を高めるため、「利用の手引き」の大幅な刷新等に力を入れております。

 今後とも、当組合にご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げる次第です。

 

理事⻑

Kiuchi Tetsuro


history

1979年(昭和54年)6月7日 京都弁護士協同組合 設立
1982年(昭和57年)9月1日 地裁謄写事業の開始
1985年(昭和60年)9月 労働保険事務組合設立、労働保険事務処理の受託事業開始
2005年(平成17年)4月1日 家裁謄写事業の開始
2005年(平成17年)12月 お酒「憲法と人権」 販売開始
2012年(平成24年)7月 共同施設利用事業 開始
2012年(平成24年)12月 弁護士用帆布かばん 販売開始
2013年(平成25年)12月 弁護士豆富「やっこさんは白だな」 販売開始
2016年(平成28年)6月 弁護士扇子 販売開始